2011年04月17日

Earth Day Celebration

Earth Day Celebration


今日は、PLB敷地内でアースディのイベントが行われました。
Q。アースディってなに?→こちら(wiki)

Earthday.jpg
Whole Foodsやたくさんのスポンサーがブースを出していて結構大きなイベントでした。
私達日本人スタッフは、キッズ向けクラフトコーナーの中で「折り紙教室」を開催しました。
最初はどのくらいの規模かわからなかったんですが、広い方の部屋の1/4ぐらいの長机を全部使って、しかも入り口に一番近い、とってもいい場所でした。


お友達が作ってきてくれた新聞紙のかぶとをかぶって、折り鶴を胸につけて外をウロウロしてたら(怪しい?)、入り口近くのCrean & Greenの担当者の方に「新聞紙を使ってそんなクリエイティブな物が作れるなんて、なんて素晴らしいんでしょう(直訳系)」と,すごーく褒めてくれました。折り紙だとちょっと敷居が高いけど(折り紙の紙が高いから)新聞紙だと身近に感じてもらえたようです。

いろいろ話していくうちに震災の話になって「折り鶴を送ると子ども服を被災地に送ってくれるの」という話をしたら、「もっとその話をアピールしなきゃ!大きな紙に書いて!ここスペース空いてるからここに貼りましょう!」と言って手伝ってくれました。
それで入り口近くと、みんなでテーブル近くの壁にも「1 paper crane = 1 kids cloth」なんて大きく書いて貼っておきました。そのお陰でみんな積極的に折り鶴を作ってくれたのでかなり宣伝効果は大だったと思います。ジェーンさん(多分)ありがとうございました。
crane1.JPG

crane2.JPG

他にも学校関係で、今までいろいろ協力してもらってたのになかなか会えなかった方や、クラスメイト達、隣のクラスの先生も来て下さいました。
私は気付かなかったけど、"I know you."って子が結構話しかけてきてくれて、聞いてみたら学校の折り紙プロジェクトで教室に行ったことのあるクラスの子たちでした。覚えててくれたんだ〜うれしいな♪

今回は折り紙ならなんでもOKな感じだったのですが、せっかくなのでOshkoshの「Crane for KIDS」のために折り鶴をみんなに挑戦してもらいました。初めての子でも、頑張って作ってくれて「ママより上手だね」なんて言うと「えっへん!」という顔で"I can donate this."といって寄付してくれました。


Sallyは鶴じゃない物ばっかり作ってました。(小さい子に教える係りして欲しかったんだけど・・・心の声)まあ、でもおとなしくお友達と遊んでてくれたので、私は折り方の先生に集中できて良かったです。あばれん坊のYou君は、おうちでPapaとお留守番しててもらいました(また男同士 笑)


空いてる時間に他のブースもチラッと見て回りましたが、Whole Foodsではジェラートの無料クーポンやバナナやランチの差し入れもあり、盛りだくさん。Sallyとお友達のYちゃんはいろいろ回ってたみたいで、てんとう虫やラディッシュの種、水節約のための砂時計までもらってきました。


折り紙ブースには年配の人、たくさんの親子が参加してくれて、人が途切れること無く、途中席が足りなくてボランティアスタッフは立って教える程大好評でした。

crane3.JPG

最終的に、鶴の数を数えたら


crane4.jpg

337羽!! 

すごい!みんなどうもありがとう!



数だけ見たら、もしかしたら得意な日本人がせっせと折った方がもっとたくさんの鶴を折れるかもしれない。

でも、アメリカ人の子たちが初めて折った折り鶴

みんなの頑張った気持ちのこもった折り鶴

そんな気持ちも鶴と一緒に日本に届くといいな、と思います。



クリック募金(1クリックで1円募金されます)
「東北関東大震災」支援クリック募金

たくさんの方の目に留まるようランキング復活させました。
↓こちらもクリックご協力お願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
posted by Midori at 15:20| Comment(0) | Pray for Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。