2011年03月07日

St.Patrick's Day

【聖パトリック記念日】

3月もチョコチョコイベントが続いてますが、3月17日はセントパトリックスディです。
アメリカでは祝日ではないので、学校はあります。
Youのニュースレターにも「この日は『緑の物』を身につけて来てね!」と書いてありました。

そもそも「聖パトリック」って誰?ということで、Wikiってみました。

聖パトリックの祝日せいパトリックのしゅくじつ、英 St Patrick's Day セントパトリックスデイ)は、アイルランドキリスト教を広めた聖人聖パトリック命日3月17日カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日

シャムロックを服につけたり、ミサに行ったりする。アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきたが正式に1903年より祝日となり、イギリスから独立後徐々に祝祭日として成長した。1996年には政府が主体となってダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなりパレードやその他の行事が行われるようになった。

シャムロックとはクローバー等の三つ葉の事です。
アメリカではNYのパレードが有名みたいですね。

スーパーやショップの売り場はバレンタインが終わると「真っ赤」から「グリーン」&「パステル」に早変わり。
セントパトリックのコーナーはこんな感じ。
0317St.Patrick2.jpg

グリーンのクリームのカップケーキやらクッキーなどなど。
ワインの先っちょもグリーン。

シャムロックのクッキーもありました。
0317St.Patrick.jpg

真っ赤なカップケーキといい、緑のクッキーといい
着色料使いすぎよね、アメリカンスイーツ。。。

Sallyの学校ではカトリック色の強いイベントはやらない方針らしく、Youのプリスクールのみです。男の子向けのグリーンのシャツはあるので、それでいいかな?

ちなみに東京では3/13(日) 原宿表参道などでパレードが行われます。
http://www.inj.or.jp/stpatrick.html
そういえば去年行ってみたなぁ

アイリッシュパブ等でもイベントやってますよ。
(私はお酒飲めないんでパブは行ってないんですけどね)




posted by Midori at 00:00| Comment(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

St.Valentine's Day@Home

バレンタインの日、Sallyと私からPapaにチョコを渡しましたよ黒ハート

Sallyからは大きなハート入りチョコ
赤いペーパーナプキンで、ラッピングも頑張りました!
valentine2.jpg
※今更ですがPapaの顔隠してみた

お部屋に少しだけハートを貼り付けて飾りつけ(若干やっつけ感がありますが)

ママからはプチギフト(一応ゴディバ)←学校の先生より安いなんて内緒です
valentine1.jpg

そして、バレンタイン前から「アメリカのバレンタインは男性から花束やジュエリーをプレゼントするんだって!」と
圧力?おどし? 情報を教えてあげてたのですが

Papaはそっけなく「我が家は日本式でお願いします」なんて言ってたので、全く期待してなかったんですが


なんと!!学校の合間にプレゼントを買ってきてくれました!!(うそーー)

写真はありませんが、かわいい腕時計をプレゼントしてくれたんですハートたち(複数ハート)
うれしいーー黒ハート
ありがとう、Papa黒ハート黒ハート

アメリカ式もいいものですね〜〜なんて現金な私。

大事に使わせていただきま〜〜す



posted by Midori at 17:23| Comment(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

Valentine Party@School

今日はSt.Valentine's dayでした。
前の日記にも書きましたが、アメリカでは男女関係無く好きな人やお世話になってる人にプレゼントを渡す日です。プレゼントは子ども達はカードやチョコやキャンディなどちょっとした物、大人になると男性がバラの花束やジュエリー等高価な品物を送ったり豪華レストランでデートしたりするんですって。

Sallyの学校からのお便りに「ヴァレンタイン(のお菓子やカードやプレゼント)は全員分用意しましょう」と書いてある続きに
"Please do not address to specific children"って書かれてて「Address」ってそういう使い方もするんだ〜と思いました。

日曜日の夕方にあわてて99セントショップに買いに走る私とSally。K-martでもスクール用バレンタインセットみたいなのが売ってたらしいんだけど、99セントショップの方が行きやすかったので。

小学校の方の分担はスティッカーだったので、キラキラした斜めにすると絵が変わるやつ(あれ何ていうの?)を6枚いり×4を購入。他にハート型のキャンディーにかわいいカードが付いたのがちょうど1ダースで売られてたので12×2個購入。K-martだと多すぎて余ったりするので99ショップでちょうどピッタリ買えるとうれしい!
Youのプリスクールの方は20数人なんだけど、数人のところの数を忘れてしまったので同じキャンディー&カードのセット(男の子用のCarsのやつ)10個入り×3個購入。30個あれば確実に足りるでしょ!

それから家に帰って怒涛の名前書き。
Sallyの方は「自分で書くように」とお便りにもあったので、書かせたんだけど、スティッカーの24枚でもうダウン。
「ママーーー、やってーー」とダレダレ。しかもキャンディーとセットのカードの方は「From___」とラインが引いてあったんだけど、小さくてSallyにはムズカシ過ぎたので私が書きました。Youの分とあわせて50枚以上・・・疲れました。

Youの方は昼寝中に↑の作業をこっそりしてたので見つからないように注意してたんだけど、月曜日の朝車で見つけてしまい"My Candyyyyy!!!"と園の前で泣き叫ばれました。先生に事情を話すと抱っこしてなだめてくれて助かったんだけどね。

Sallyは下校までの30分間がバレンタインパーティということで、教室でやりました。
1時間前にボランティアのママが集まって、それぞれの子が持ち寄った物を子ども達が作ったバレンタインバッグ(紙袋)に入れていき、プレートに真っ赤っかなクリームの乗ったカップケーキが配られました(ドヒャーすごい色だ)
こんなのとか
0214Valentine1.jpg
(画像はイメージです)
こんなの↓
0214Valentine2.jpg
画像は(あくまで)イメージ。でもこんなのでした!

幸いSallyはこの手のドぎつい色のカップケーキは「毒々しいから(私がよく言うので覚えた言葉)食べない」と言って食べませんでした。なので、私が一口もらったけど、甘すぎて食べ切れなかった。めちゃ小さいいんだけど。

他にもイチゴやブドウやラズベリーなどが配られて(色的にバレンタインのフルーツなのかしら?)そっちを食べてました。

バレンタインバッグの中には、キャンディーやチョコやカードの他に、鉛筆や消しゴムなんかもあって、子ども達はキャーキャー言いながらギフトを見比べたりして楽しそうでした。

私から先生にはゴディバ(アメリカではゴダイバと読みますが)のトリュフをプレゼント。前にクリスマスプレゼントをもらったままお返しをしていなかったので、ちょうどいい機会でした。アメリカのゴディバはそんなに高くないし(日本と比べればだけど)先生も喜んでくれたみたいで"Thank you very much, Midori!"といってぎゅーーっとHUGしてくれました。

日本の学校だと親が先生にギフトとかを送るのは禁止されてたり、断られたりすると思いますが、アメリカは普通に「普段お世話になってるから」みたいな感じでギフトを送ります。クリスマスにもみんな先生にギフトを送っていて、先生からもボランティアに来てるママにはギフトをもらいました。その中でもらったのにあげなかったのは私だけだったみたいでちょっと悪いな〜と思ってたんですよね。でも今回お返しが渡せてホッとしました(なんか日本人っぽい考え方かしら?)

家に帰ってバレンタインバッグを開けてみたらこんなに!
DSC04955.JPG

Youもプリスクールでバレンタインパーティをしたみたいで大きなバレンタインバッグを持ち帰ってきました。Youは先生やオーナーからもプレゼントが入ってて山盛り!(Sallyの方がちょっぴり少なくてくやしそうでしたが)
DSC04948.JPG
そして勝手に食べるYou
ベロ真っ赤ですけど・・・(着色料すごそう・・・)
DSC04951.JPG
この日は「赤い服を着てくるように」とニュースレターに書いてあったので赤い服着てます。(普段は紺のポロシャツユニフォーム)

子ども達の学校のバレンタインはこんな感じでした。

我が家の(Papaへの)バレンタインは次の日記で。





posted by Midori at 14:09| Comment(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。