2011年07月17日

Congratulations!!


【Papaの卒業式】

うちのパパさん、この度めでたく卒業式を迎えることができました。
思い起こせば、今回の留学に挑戦し始めたのは2年前。社内公募で「通った!」と喜んだのもつかの間、鬼のような勉強が彼を待っていました。
MBAの受験と言ってもいろいろな大学がありますが、彼は会社からの社費留学であったため、合格もランキング○位以上じゃないとNGという規定がありました。
G-MATやTOFLEの勉強、そしてエッセイ。毎日の会社での仕事と勉強の両立は本当に大変そうでした。

実は彼、USCに合格をいただく前にイギリスの大学からも合格をいただいていました。その時点で家族はもうほぼイギリスに行くものだと思って準備を進めていたのですが、最終的にUSCに合格をいただいて、ロサンゼルスに行くことが決まったのは4月を過ぎてからでした。

その後バタバタとVISA申請、そして渡米。
アメリカに着いてすぐに、英語が母国語でない学生はランゲージクラスを取らなければならず、その授業からして大変そうでした。
その様子を見て「ああ、もうPapaに頼らず私がやらなきゃいけないんだ。」と覚悟を決め、子育て・学校・生活面においては自分で何とかしようと頑張ってきたつもりでした。途中でその緊張の糸が切れて、彼に八つ当たりしたり、ケンカしたりもしましたけどね。

今回卒業式で「上位10%の成績優秀者」の青いSASH(サッシュ)を首にかけたPapaを見た時には
「これまでの苦労が報われたんだね!」と嬉しい気持ちと誇らしい気持ちでいっぱいになりました。
卒業式4-1.jpg
本当にすごい事を成し遂げたと思います。


卒業式1-1.jpg

卒業おめでとう!!
Congratulations on your graduation!

そして、私達をロサンゼルスに連れてきてくれてありがとう!


おまけ1。
借りてみた(この写真は学歴詐称に使われます←うそ)
卒業式3-1.jpg

おまけ2。
卒業式2.jpg

ちなみに、YOU君はセレモニー&ディナー中おとなしくしていられないでしょう、ということで、シッターさん(日本人)と一緒にお留守番でした。
なかなかおりこうにしていたようです。

ちなみに、この四角い大学帽とガウンはレンタルですが、サッシュはもらいました。
ちなみに、大学帽のふさふさは、卒業前が右側、卒業後が左側という決まりがあるそうです。


posted by Midori at 00:00| Comment(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

Graduation Ceremony

今日はいよいよPapaの卒業式。

他の学部とは違って、夜に式典とパーティーがあります。

あの四角い大学帽子かぶるのね!
長いようで、あっという間の1年でした。

写真係頑張ります(^-^)v
posted by Midori at 00:55| Comment(2) | Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sports Camp

IMG_20110715_084110.jpg
夏休みに入ってからSallyは学校のスポーツキャンプに参加中。

毎日毎日外でスポーツしてるので
「アナタハ ナニジン デスカ?」
ってぐらい日に焼けちゃってます。

お友達がいなくても行きたい!といって、延長して3週間目。

知らない子ともお友達になって、楽しんでるみたい。

成長したなあーー
posted by Midori at 00:48| Comment(0) | Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

Hollywood Sightseeing

とってもわたくし事でございますが誕生日を迎えました。
LAに来て2度目の誕生日。家族で私だけアメリカで2回誕生日を迎えることができました(昨年はサンタモニカでお祝い)
メッセージを下さった皆様ありがとうございました!嬉しかったです。

当日は月曜日だったのですが、Papaが大学が昼過ぎに終わるというので、一緒にお出かけしてきました。
前日に「誕生日どこに行きたい?」と聞かれて
「ベタにハリウッドに観光に行きたい。チャイニーズシアターとか実はまだ行ってないし。」
結構いつでも行けると思うと、人間なかなか行かないものですね。しかも、ここはパーキングが結構大変なので、自分の運転では行きたくなかったのです。

というわけで、うちから車で15分〜20分程のハリウッド・ハイランドへ。

ベタなハリウッド観光大1ヵ所目はこちら。
CIMG4357.JPG
You're the one.の壁画の前で。(私達以外誰もいなかったけどね)
しかも、ここの道細くて横断歩道渡って反対側の歩道から撮ってもらいました。信号待ちの間この格好で一人きり。。。私ってアホ!?

お次はここ。
CIMG4362.JPG
CIMG4363.JPG
コダックシアター!しかーし、中には入れません。
7月に始まるシルクドルソレイユの舞台準備中で見ることもできませんでした(中を見学するツアーもお休みです)
ざんねーん!

コダックシアターのそばの展望台(?)からのハリウッドサイン
CIMG4367.JPG
ちっちゃ過ぎて見えません。。。
手前に見える背の高い教会が結構好きです。この道はよく通ってたんですけどね。
こんなことして遊んでみました。
CIMG4376-1.jpg

さて、続きましてチャイニーズシアター。
CIMG4388-1.jpg
10数年前に来たときにはまだ無かったハリーポッター君の手形。
CIMG4396.JPG
地面がめっちゃ暑かったです。ジリジリ・・・

マイケルジャクソンの手形を探してたんですが、ないんですね。知らなかった。。。

こんな人とも(半ば強引に)写真を撮りました。
CIMG4399-1.jpg
だれ? ゾロだそうです。

後ろにレッドカーペットが敷かれてるのが見えますか?なんかこの日の夜にチャイニーズシアターでプレミア試写会があるらしく、その準備が着々と行われてました。

便乗してレッドカーペットの隅っちょを踏んでみた。
CIMG4384-1.jpg

誰が来るんだろう?と思って係の人に聞いたけど教えてくれなくて、そこら辺に座り込んで場所取りしている一般人に聞いたら
ジュリア・ロバーツとトム・ハンクス主演映画の試写会があったらしい。(ので、多分その2人が来るのだろう、とのこと)

と、このへんでタイムアップだったので帰ろうと思ったら、さっきまで人でごった返していたチャイニーズシアターの前も立ち入り禁止になってました。ギリギリセーフで観光できて良かった〜

なかなか楽しかった『ベタなハリウッド観光』ツアーでした。




posted by Midori at 00:00| Comment(2) | Going out | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

涙のThe Last day of the School

昨日はSallyの小学校ラストの日でした。
アメリカの小学校は6月中旬から9月中旬までのまるまる3ヶ月が夏休みです。

日本のように終業式があるわけではなく、卒業式も先生と5年生とその家族だけで行われるようで、在校生にとっては普通の日でした。
それでも、朝行くとドレスアップしてる子がいたり、ちょっぴり特別感。

特に我が家にとっては夏休み中に日本に帰国するので今日が学校最後の日です。
1年間キンダーによく通いました。
今日はボランティアも最後ということで、お昼前だったんだけど、学校に行ってみました。
Sallyの親友韓国人YのママJと。
Yuna mom.jpg
彼女とはいつも放課後よくしゃべりました。
Youのお迎えに行く時はSallyを預かってくれたり、本当に優しくて気遣いができるママ友です。

11時半頃でしたが、もうランチを食べ終わって遊び始めてる子もいました。Sallyは今日はお弁当じゃなくてBuy Lunchの日。カフェテリアのランチを買うのも今日で最後です。ちょうどチャージしていた分のお金が終わったようで良かった良かった。アメリカーンなランチももうあまり食べる機会がなくなるかな?(でも夏休み中にマクドナルドとか行っちゃうかもしれないけどね)

最終日2日はいつもより1時間半も早いお迎えなので、午後の授業は少しだけ。
去年の9月に入学した時に描いた似顔絵が配られて、今と変わったところを書きました。
去年は文章も読めなかったし、自分の名前を書くのもも怪しげだったけど、今じゃ文章も読めるようになったし、名前はスラスラ書けるもんね。似顔絵もみんな格段に上手になりました。

帰りはみんな先生と記念撮影。
yuna kyuri.jpg
昨日2本目の乳歯(下の歯)が抜けたので先生にスティッカーをもらって胸に貼ってもらいました。

そして大好きなB先生と。
Ms.B.jpg

担任のB先生にとっても今日は特別な日。
今年で引退するので今日が長い教師生活最後の日でした。(昨日は娘さんが来てました)

先生とHUGしてThank youと言ったら、つい涙が出ました。
B先生には本当に感謝しています。Thank you for everything.だけではとても言い表せないほど。

Sallyが学校生活をこんなに楽しめたのもB先生のお陰といえると思います。
いつも褒めてくれて、彼女のいいところを伸ばしてくれました。
最初は英語がわからなくてヘルプが必要だった時もみんなと同じように進めながらさりげなくフォローしてくれて、決して特別扱いせず
"You're so gifted.You can speak English and Japanese,I can only speak English,right?"とよく言ってくれました。

クラスの子は半分以上が英語が母国語ではありません。なのでバイリンガルということを理解してくれて受け入れて上手に指導してくれて
素晴らしい先生でした。

先日も父の日のギフトに使っていた箱がとてもステキな立派な物だったので、後日先生に
「あのステキな箱、24個もよく集まりましたね〜」と言ったら 
「ああ、あれはね元生徒が働いてるショップのものなのよ。 
先生のクラスで良かったら使ってくださいって寄付してくれたの。」とのことでした。 
さすが勤続数10年の先生だけあって、人脈がすごい!
でもそれ以上に小学校の、しかもキンダーの先生(アメリカの小学校の先生は学年が固定、キンダーの先生はずっとキンダーを教えます)と
大人になっても連絡取っていて、その先生のために 会社の箱を寄付してくれるなんて!と、なんだかすごく感動しました! 

引退後は何するの?と先生に聞いたら
「世界中を旅行してみたいわ。いつか日本にもまた行きたいから、その時は会いましょう♪」と言ってくれました。
昔先生のいとこの方が日本に住んでいて、その頃日本を1ヶ月程旅行したらしいです。

「私普段は泣かないんだけど」と言いながら、もらい泣きしてくれたMs.B。
本当に親子共々お世話になりました。

Thank you! I love you so much,Ms.B.




posted by Midori at 12:29| Comment(2) | Elementary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。